無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

もちづきみきる🥀さん request5

ついに明後日になった体育祭。




実行委員のみんなもワクワクが止まらないらしい。


「みんなで写真撮ろう!!!」

そう言って取り出したのは今話題の写ルンですというフィルムカメラ。


先生に撮ってもらう。



「寄って寄って〜」
菅田将暉
ここきて
あなた

え?


腕を引かれると同時にパシャ、と音がする。



「もう1枚いくねー」



隣に座りポーズを決める。


菅田将暉
明日、最終チェック終わったらここにきて?
あなた

え?



またカメラ目線外してしまった。








菅田くんに言われた通りに次の日教室に行く。


菅田将暉
おう
あなた

明日だね

菅田将暉
うん、長かったような短かったようなーなんだろな
あなた

寂しいね

菅田将暉
そうだな〜


沈黙が2人の間を通り抜ける。




黒板には
『3組!優勝!』
の文字。


あなた

これ、菅田くんの文字?

菅田将暉
そうやで?上手いやろ
あなた

上手、ほんとに…っ

菅田将暉
……あなたちゃん?


うわ、やばい。



なんで今このタイミングで。








涙が止まらないんだろう。
あなた

好きっ……

菅田将暉
…………え、?