無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

もちづきみきる🥀さん request2
菅田将暉
ごめん!遅れた!


放課後教室で待ってると息を切らした菅田くんが扉を勢いよくあける。



あなた

待ってないから大丈夫!

菅田将暉
ありがとう〜、じゃあ、行こう!
あなた

え?




そのまま学校をでて連れてこられたのは、近くのホームセンター。


菅田将暉
いやなんかな、急にはちまき足りないって言われて買いに行かんとって思ってさ


そう言いながら、はちまきらしきものを探す彼を見ながら。



これはデートだと言い聞かせた。





2人で放課後遊ぶってつまり、これはデート。


いや、実行委員の買い物だけどこれは捉え方次第。


いやいや、菅田くんと二人きりで買い物だよ?ねえ、やばくない?
昨日までのわたし、すごいよ。





今私、菅田くんとデートしてるから。
あなた

ここ、Tシャツゾーンだよ?

菅田将暉
実行委員のみんなでお揃いのTシャツ着たくねえ??
あなた

あ!それいいね!

菅田将暉
絵のうまいあなたちゃんに書いてもらってさ!
あなた

···え?

菅田将暉
え?……っあ!いや!聞いたんよな!絵が上手いの誰?って!
あなた

あ、あー!そうなんだ!



心臓がバクバクと音を立てる。



良かった。バレてない────────よね?





私が絵を描いていること。




描いているものまでは。




わたしが、菅田くんの絵を描いていることを。






あなた

良かったあ……て、菅田くん?

菅田将暉
……ん?あ!おう、なに?
あなた

顔、赤いよ?

菅田将暉
……へっ?あ!ここ、暑いよな!すげえ暑い!


アイス買ってくると叫んで近くのアイスクリーム屋さんに走っていった。


顔が赤かったのはアイスクリーム食べたかったから、だよね?



ごめん。
これだけのことなのに、ドキドキが止まらない。