無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

13
憂鬱になりながら学校に行く、でも今は大丈夫。行かないといけない
あなた

おはようございます

クラスに入る、みんなが私を見て返事をしてくれる……静かに席着くと隣の席の月島が
月島蛍
おはよ
そう言われた、珍しいよねあなたから挨拶なんてそれを思いながら
あなた

おはよ

そう返した。そして私はおもったバレー部は多分騙せるけど……鋭いカルマみたいな彼ならばわかるのかな?










気づかれる






それは嫌だ。私は平和にしたい、







巻き込みたくないから。







私は私を殺す







偽る。本当の私を隠して









見えないようにして








みんなに見えない壁を作り








作り笑いをして









仮面を被って








偽って偽り尽くして私は私を捨て







みんなを守る。ねぇ殺せんせー。







私はこのやり方でいいの?






分からないよ助けて。







そう願っても分からないだから、









私は私の正解を探す







お願いだから誰も私に







この汚い私に気づかないで