無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11
ふと渚が言った言葉多分それは


''今"





では無いことを知っている
だけど私は信じてるまたみんなと話がしたいまた。みんなと会いたいだから私は
あなた

信じてる。

そういう。渚は嬉しそうに微笑んでくれるあーまたこういう時間が続くと言い






みんなと会いたかった人たちと
潮田渚
あなた終わったよ。
そう言ってくれる
あなた

ありがとう‼
気持ちよかったー

そういうとよかったって言って頭をくしゃっと撫でてくれる優しい渚と今日はわがまま聞くと言われて一緒に寝たいと言ったらいいよと言われて嬉しかった