無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2
あれから他の2人も入ってきて1年は自分を含め5人となり。騒がしくなりそうな時に日向&影山が先輩に勝負をしかけて勝負をする事になった。




そしてその日の放課後
私は自主練してる2人を見たけて声をかけようとしたけど月島が日向のボールを取りなにか言い合い?になっていた。めんどくさいから話をそらさないとと思い私は
あなた

っと…!

月島が持っていたボールをとったら4人は驚いていた
日向翔陽
あなたすげーな!!
影山飛雄
昔やっていたのか!?
山口忠
あわわ…つ…ツッキーが。
月島蛍
居たんだ。
感動する2人驚く1人平然とする私と月島
あなた

別に…それより2人h…((

何かを言いかけた時に電話がなった。その電話を見て私は
あなた

なっ…!?!?!?!?へ!?!?!?!?うそ!?

驚きながらも電話に出たでも多分出たのは彼ではないあいつだ
あなた

カルマなに?

冷たく言い放つと
赤羽カルマ
チェー当たんないかー
あなた

要件ないなら…ね?(殺気)

潮田渚
ある!あるから!!
後ろでもう1人叫んでいる。
あなた

渚?