無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7
はい私は今渚を抱きしめています。それを見たみんなは
烏野
誰だお前!!!!!!!!!
と大声を出されました私は渚に抱きついたまんま
あなた

前に話していた大好きで大切な仲間です。

そう言ってねっ!という感じで渚を見てると渚がみるみる赤くなって
潮田渚
う…うん//////
と肯定していた私は嬉しくてギュゥゥとさらに強く抱きしめてしまっていたそして渚に
潮田渚
ちょ…あなた。苦しいよォ
と言われてダメ?と言ったらダメでは無いですと言われた
月島蛍
ちょっと僕達のこと忘れてない?
そう言われて……
あなた

あ、ごめん。完全に忘れてた。

そう言い放った
潮田渚
はぁ…あなたは全くその癖抜けないなぁ
と呆れたらた
酷いぞ渚!!!!!そんな子に育てた覚えないぞッ!!←そもそもあなたに育てられてないよ!By渚
月島蛍
はぁ……まぁいいけれど。なんだ昔の友達がここに居るの?
確かに…なんで?と顔で渚を見ると
潮田渚
え?カルマから何も聞いてない?
あなた

え?うん。あの事以外は。

そう言うと渚ははぁとため息をついた
潮田渚
全くカルマはぁ……
あちゃーカルマそんな大事な事言ってないの〜?
清水潔子
えと…待ってあのことってなにかな?
そう言われたけど……すみません
あなた

この事だけは教えられません。私たち消されそう。

そう言うとみんながザワっとザワつく
まぁその話はめんどいからカットね!

(✂︎`•ω•)✂︎
あなた

渚…ここだとまずいから…ね?

そう言うと渚はどうしよっかと言い私はこんな提案をした
あなた

よーし。渚はお持ち帰りね!

そう言うとみんなが驚くもちろん渚もだ
潮田渚
え!?!?!?なんで!?!?!?
あなた

話しないとだからお泊まり会。渚ママには私のお母さんから言っておくよ。これなら問題ないでしょ?

そう言うと渚は
潮田渚
確かに。あなたのお母さんから言われればお母さんも反論は出来ないから。
あなた

なら決まり!

そう言うと待て待て!?という感じに
月島蛍
いやいやダメでしょ?男女2人屋根の下って…
そう言われた
2人
え?大丈夫でしょ?/大丈夫です。
(渚&あなた)
そう言ったが
月島蛍
いやいや問題ありすぎ。
そうまたもや言われた
あなた

前もみんなでやったから平気だよね?

潮田渚
うん?
と言われたのでまぁ月島の話は聞かなかったことでさぁーいこう私の家へ!