無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第7話

Part6
〜さとみくん宅にて〜
さとみ
さとみ
どーれ、俺ところんの関係話しますか〜
ころん
ころん
リスナーさんの可能性あるかもよ?
さとみ
さとみ
だとしたら声でバレてるっての
ころん
ころん
確かに
(なまえ)
あなた
???
さとみ
さとみ
ほら、理解してねぇし大丈夫だろw
ころん
ころん
うーん、じゃああなたちゃん、すとぷりって知ってる?
(なまえ)
あなた
名前だけなら聞いたことあります
さとみ
さとみ
具体的にどんなことしてるとかは?
(なまえ)
あなた
うーん、そこまでは分かりませんね
ころん
ころん
わっ、さとみくんの言った通りリスナーさんでは無かった
さとみ
さとみ
o(`・ω´・+o) ドヤァ…!
(なまえ)
あなた
あ、あのだとしたら『愛華』って歌い手知ってますか?
さとみ
さとみ
愛華……
ころん
ころん
僕知ってるよ!
ころん
ころん
つい最近初登校したのに直ぐに急上昇ランキングに乗って、一日で50万再生超えた子でしょ?
(なまえ)
あなた
あ、そうだったんですね、そこまでは把握してませんでしたw
さとみ
さとみ
あー、俺その子知ってるわw、なんなら歌聴いて一日で推すって決めたわw
ころん
ころん
同意
さとみ
さとみ
んで、その子がどうかしたの?
(なまえ)
あなた
えっと、実は私なんです



to be continued