無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

45
2021/06/22

第26話

.🐴
.




濵「望、何勝手なこと言ってんねん、誤解されたらどうすんねんっ」



ええねんそれで、と余裕そうな望。



全然ええ事ないやろ。






小「え、濵ちゃんに女がおるんっ、って意識し出すやろそれ目的。」





いやいやいやいや、あれじゃならんやろ。



ずっと向こう向いてたし。






小「ちなみにこれで終わりやないからな?」

濵「え?」

小「濵ちゃん今日泊まるとこないからな?」


突然告られる衝撃の事実。



濵「え、望の実家泊まらせてくれるんちゃうの 」

小「最初はその予定やったよ?でもなんかちゃうねん。」




あなたちゃんの家泊まりに行きなさい、と
命令口調の望。




濵「あなたちゃんって…無理に決まってるやろ!?なんで下の名前で呼んでんねんっ」


小「え?名札見て可愛ええ名前やなと思って 」



ま、とにかく夜もう一回カフェ行くからな、
と言って大阪観光を始める望。









なあ、望。



俺ついて行かれへんお前に。




俺が古い人間なんか?




お前が最先端行きすぎなんか?