無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

141
2021/01/09

第10話

.🐴
.




小「 濵ちゃん買えた? 」



濵「 もちろん!!あ今度お店遊びに行く
言うたんやあっ、」





はっ!!!つい嬉しさのあまり口を滑らして
しまった!!



濵「 お、お店の雰囲気も味わいながら、
飲んでみたいなぁ〜…って思ってなあ〜… 」


小瀧すごいこっち見てくる…
もしかしてお姉さん目当てなんバレたっ!?



小「 ええなあっ、
淹れたてのが飲めるんやもんなぁ 」



これはセーフなのか、とりあえずバレてない…
よし。


重「 濵ちゃぁん、次やで〜っ 」


よしっ、頑張ろ〜〜っと



________



撮影中も会いに行くことばっか考えてて、
ポージングも間違えるしインタビューも
意味わからんこと言うてもうてるし…



桐「 濵ちゃんいつもそうやん、笑 」


重「 今に始まったことやないで?笑 」


なんちゅうこというねん!!って言いたいけど
あながち間違いではない。笑


今日はこの後単独のラジオの収録があって、
その後もう1回WESTの番組の撮影。


スケジュール的には結構詰め込まれてるけど、
まあ頑張れるやろ!!


頬を叩いて気合を入れる。

頭が冴えたような冴えないような(?)
まだまだ今日も始まったばかりや!!



.