無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

参拾弐
1,330
2021/01/12 13:26
いただきます
気づけばもうご飯の時間。
レイは言った
レイ
俺はまだ納得しきってねぇからな
これは、ノーマンが言った11月8日の事だろう
「発信器を壊し次第最速で脱獄を決行しよう」
レイ
さすぎに現実無茶じゃね?
ノーマン
__と思うだろ?
だから裏をかけるんだ
でなきゃ意味がない
食べた物を片付け、階段を上る
ノーマン
チームを分けて増やせば、逃走の機動力も上がる。
まずはドンとギルダを仲間に引き入れる。
__たとえ2人がママの「情報源」でも、その対応は後でいい
あなた

で、実際どう話すの?

レイ
いかに事実といえど、言い方考えねぇと拒否られてディスられて終わりだぞ
レイ
いいか。誰もが俺みたいにソッコーで、信じると思うなよ?
エマ
(目がガチッ!)
ノーマン
それについてはエマとも話したんだけど
エマ
本当の事はいわない
あなた

は?

レイ
お前っ…またそうやって隠…
エマ
危険にさらしたくない
レイ
は?!
危険にさらしたくない。

それは私も一緒だよ。エマ
危険にさらしたくない。だから、諦めろ
エマ
ママが動かないのは私たちが変化を表に出さないから
ボロを出したら即出荷もあるかもしれないし。
脱獄は成功させるけど…
ノーマン
万が一にも失敗しても
真実をしらなければあの二人はまだ生きられるかもしれない
エマ
嘘つきだって思われてもいい
騙されたって後で恨まれても構わない
鬼以前にママに殺さるたら元も子もない
真実を話すのは、今じゃない
図書質に向かいながらそう話す
ノーマン
とはいえ、あの真実でなくても、ドンとギルダが僕らの嘘つはなしを信じてくれるかはまた別の問題たけどね
カチャ
ノーマン
お待たせ2人とも
ドン
何?話って
あなた

………