無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話



「やめろ」











その手を払い除けた












「そんな事信じる訳無いだろ」















するとジョングクは悲しそうに俺を見る











そんな目で見るな












『折角、貴方に近付ける為に人間になったのに』













『じゃあまた猫に戻れば僕を好きになれる?』












そんなの















『まあ何と言われても僕は諦める気無いです卦度』















くすっと笑うジョングクは小悪魔の様だ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

むぎ
むぎ
小説進まない全部消したいいいいい お気に入り1000ありがたみ コメ欄さびしいよこめしてよ Call my name. Hyperventilation. 今世紀最大のらぶ来ました ちむたんとは来世も一緒です💑
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る