無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

157
2021/03/25

第4話

3話
(なまえ)
あなた
傑って綺麗な黒髪だよね……
夏油 傑
夏油 傑
?そうかい?
(なまえ)
あなた
うんッすごい綺麗……
夏油 傑
夏油 傑
フフッありがとう。
(なまえ)
あなた
硝子の髪の毛も綺麗……
家入 硝子
家入 硝子
そう?自分ではあまり思わないけど……
(なまえ)
あなた
いや〜すんごい綺麗だよ。
家入 硝子
家入 硝子
あんがとッ!!
五条 悟
五条 悟
なぁなぁ
(なまえ)
あなた
ん?
五条 悟
五条 悟
俺はッ?
(なまえ)
あなた
ん〜綺麗な白髪(しらが)だよね〜ッ‪w
五条 悟
五条 悟
はぁッ!?!俺は綺麗な白髪(はくはつ)だろッ!?!
(なまえ)
あなた
ん〜ん。白髪(しらが)‪w
家入 硝子
家入 硝子
白髪(しらが)‪w‪w
夏油 傑
夏油 傑
フフッ‪w
五条 悟
五条 悟
ッ……じゃあお前も白髪(しらが)だなッ!!
(なまえ)
あなた
ん〜ん。私は綺麗な白髪(はくはつ)。
五条 悟
五条 悟
はぁ!?!?
(なまえ)
あなた
ていうか悟、おじいちゃんになっても白い髪の毛ならもう、おじいちゃんなんじゃない?‪w
五条 悟
五条 悟
お前ぇぇぇ!!!!
(なまえ)
あなた
きゃぁぁぁぁ‪w
(なまえ)
あなた
来るなぁぁぁ‪w
家入 硝子
家入 硝子
……‪w帰るか‪w
夏油 傑
夏油 傑
……そうだね‪w帰ろうか‪w
その日はずっと追いかけ回されたあなたであった。
ちゃんちゃん☆