無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

@ し








YG「 こ い つ … 虐 待 さ れ て た ん だ っ て 」











あなた「 え ? 」











そ の 子 が 寝 て か ら




突 然 、 口 を 開 い た ゆ ん ぎ










YG「 飯 も ま と も に


食 わ せ て も ら え て な く て 」





YG「 服 も こ ん な で さ … 」









確 か に 、



そ れ な ら さ っ き の 涙 の 理 由 が わ か る










あなた「 じ ゃ あ 、 、


警 察 に 電 話 し て み る ? 」





















YG「 … そ の 事 な ん だ け ど さ 」














ゆ ん ぎ は 思 い 詰 め た 表 情 で









寝 て い る 少 女 を 見 つ め て い た 顔 を 上 げ た



















あなた「 ……… ? 」








嫌 な 予 感 が す る























YG「 こ こ に 、






住 ま わ せ て や ろ う と 思 う ん だ け ど






… ダ メ か ? 」














ほ ら ね



神 様 は い つ も 意 地 悪 だ