無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

@ そ




ジョングクside








あなた「 お 待 た せ ~ 」









JK「 は ぁ 、


ほ ん と に い き な り 呼 び 出 し て … 」








あなた「 ご め ん っ て ~ 笑 」









そ う 言 っ て 作 り 笑 い す る ヌ ナ の 目 に は








今 に も 溢 れ だ し そ う な く ら い




涙 が 溜 ま っ て い た












JK「 じ ゃ 、と り あ え ず

俺 の 家 行 き ま す ね 」










あなた「 は ー い 」

















窓 ガ ラ ス の 方 を 向 い て





肩 を 震 わ せ る ヌ ナ














俺 は


そ れ に 気 付 か な い ふ り を す る



















ヒ ョ ン が 幸 せ に で き な い な ら











俺 が し て や る よ
















弱 っ た ヌ ナ を 奪 お う な ん て


卑 怯 か も し れ な い





















で も 、 も う








考 え る の な ん て や め た

















赤 い 信 号 で 車 を 止 め る











JK「 ヌ ナ 、 こ っ ち 向 い て 」







あなた「 …ん ? 」














チュッ




















あなた「 ん っ 」









JK「 ん っ は ぁ 、 ん っ 」










あなた「 っ ち ょ 、ぐ が … ? 」
























JK「 好 き で す 、 ヌ ナ の こ と が 」














涙 で 潤 う 、 そ の 瞳 は




こ の 上 な く 綺 麗 だ っ た