無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

@ 愛





あなた「 ど う ぞ … 」









と は 、言 っ た も の の









未 だ に こ の 状 況 を 理 解 し き れ て い な い
















YG「 と り あ え ず 、 、 飯 食 う か ? 」









??「 い や 、 そ ん な 、 、 」









YG「 っ た く 、 遠 慮 す ん な っ て … 」



YG「 お い 、あなた な ん か 出 し て や っ て 」










あなた「 あ … う ん 。」










2 人 を リ ビ ン グ に 残 し て









私 は キ ッ チ ン に 向 か う



















や け に 豪 華 な ご 飯 を 見 る と





何 だ か 自 分 が 惨 め だ っ た












忙 し い 彼 と 久 し ぶ り に 会 え る か ら








こ の 料 理 を 二 人 で 食 べ て


沢 山 話 し を し よ う と 思 っ て た の に













彼 に 渡 す は ず の お 皿 は




彼 が 食 べ る は ず だ っ た ご 飯 は
















??「 … あ り が と う ご ざ い ま す 」











少 し 違 う 形 に な っ て し ま っ た










??「 … グスッ 」








あなた「 え、ど、ど ど う し た の ? 」










??「 ッ … す い ま せ ん … (グスッ











と っ て も … 美 味 し か っ た の で … 」












YG「 ほ ら 、 泣 く な 泣 く な 」












そ う 言 っ て 、ゆ ん ぎ は








少 女 の 頬 を 拭 っ た












あなた「 ……… 」











そ の 行 為 に さ え も 嫉 妬 し て い る 自 分 は




相 当 、余 裕 が な い ら し い












ま ぁ 、見 る か ら に 未 成 年 だ し







明 日 に は 親 御 さ ん に 連 絡 し よ う か な















YG「 あ れ … 寝 て る 」





??「 ス ー ス ー 」












そ ん な 呑 気 な こ と を 考 え て い た 私 は






あ ん な こ と に な る な ん て



思 い も し な か っ た