無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

@ る







yongi-story











あ の 日 、 ジ ウ ン に 呼 ば れ た 時


















JW「 お っ ぱ 、 」







YG「 ど う し た 」









二 人 で ベ ッ ト に 座 る









JW「 私 、 本 当 に 感 謝 し て ま す 。 」





JW「 お っ ぱ に 出 会 っ て 、


初 め て 人 の 温 も り を 知 れ て 、」









YG「 う ん 、」










ジ ウ ン の 手 が 震 え て る の が 見 え て


無 意 識 に そ の 手 を 握 っ て た











JW「 で も 、 そ の う ち に お っ ぱ 達 を 見 て た ら 」








JW「 胸 が っ 、 ギ ュ っ て な っ て 苦 し く て 」












涙 な が ら に ジ ウ ン は 話 す











お 願 い だ か ら


そ れ 以 上 先 を 言 わ な い で く れ











YG「 ジ ウ ン 、」











JW「 お っ ぱ 、 私 … 」









ジ ウ ン の 涙 は 止 ま ら な い
















JW「 お っ ぱ の こ と が 好 き で す 」
















美 し く 整 っ た 顔 に





涙 で 潤 ん だ 目 で 俺 を 見 つ め て く る そ の 姿 が












不 覚 も 奇 麗 だ と 思 え て














YG「 ん っ 、 」




JW「 ん ぁ 、 ん っ 」












俺 は 唇 を 重 ね て い た
















JW「 ん っ 、お っ ぱ 、 」





YG「 、 黙 っ て ろ 」














深 く 、 絡 み つ く よ う に