無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

@ 然




YG「 あなた 、 ち ょ っ と 来 い 」









向 か っ た の は 寝 室 だ っ た









自 分 で も 、

胸 が 高 鳴 っ て い る の が 分 か る

















ド サ ッ )










ベ ッ ト に 押 し 倒 さ れ た








徐 々 に ゆ ん ぎ の 顔 が 近 づ い て く る












あなた「 ん ん ッ 」









唇 を 塞 が れ た










あなた「 ん ぁ っ 、 ゆ ん ぎ 」





YG「 は ぁ 、 ん っ 」








吸 い 付 く よ う な キ ス に




体 が 燃 え 上 が る










あなた「 ん っ 、 は ぁ っ 、 は ぁ 、 」









ゆ ん ぎ の 口 が 離 れ た












あなた「 な に 、 い き な り 」





な ん で こ ん な に も 嬉 し い の に


私 は 強 が っ て し ま う ん だ ろ う












YG「 ぐ が と 引 っ 付 き す ぎ 」





自 分 だ っ て あ の 子 と い る 癖 に










YG「 嫉 妬 さ せ よ う と し た ん だ ろ ? 」




な ん で そ ん な 余 裕 そ う な の










可 愛 い 言 葉 が 出 て こ な い









YG「 嫉 妬 し な い わ け ね ぇ じ ゃ ん …/ 」








彼 の 頬 が 少 し だ け 色 づ い た 気 が し た










あなた「 ッ ……… 」






胸 の 鼓 動 が 速 く な る









YG「 心 配 す ん な 、


俺 は あなた し か 見 t …





ト ン ト ン )









ユ ン ギ の 言 葉 は


突 然 の ノ ッ ク の 音 で か き 消 さ れ た










ガ チ ャ )





JW「 오 빠 ! 遊 び ま し ょ ー ッ 」








ジ ウ ン ち ゃ ん の 明 る い 声 と 共 に