無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

@ の




ジ ウ ン side










JW「 今 日 か ら 、 よ ろ し く お 願 い し ま す 」














あ れ か ら 、 数 日 後





防 弾 少 年 団 の お 世 話 係 と し て


오 빠 の 仕 事 に 着 い て い く こ と に な っ た









오 빠 いわ く 、





YG「 お 前 、 俺 が い な い と 寂 し が る だ ろ 」






そ う 思 っ た ら し い








キ ュ ン と し た な ん て 誰 に も 言 え な い




















結 構 、 充 実 し て い る と 思 う










別 に …








오 빠 達 の 関 係 を


引 き 裂 き た か っ た と か じ ゃ な い













た だ 、 好 き に な っ て し ま っ た か ら













恋 と は 卑 怯 な も の で









こ の 状 況 に

満 足 し て い る 自 分 が い る












お ん に 、

お 願 い だ か ら 帰 っ て こ な い で










そ ん な こ と

口 が 裂 け て も い え な い け ど









心 の 中 で 呟 き な が ら 夜 道 を 帰 る












歩 き な れ た 横 断 歩 道




こ こ を 渡 れ ば 오 빠 の マ ン シ ョ ン に 着 く















「 危 な い ! ! 」








JW「 … え ? 」




















キキーッ














ドンッ












最 後 に 見 え た の は



見 覚 え の あ る あ の 優 し い 顔 だ っ た