無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

雪に願いを
崇裕
さっきな...























~数分前~
あなた

うっ...

崇裕
あなた!
わかるか!?
あなた

おにい...ちゃん?

崇裕
そうや!
お前のお兄ちゃんや!
崇裕
先生!
あなたが目を覚ましました!






バタバタ
先生
あなたさん、手、
握ってみて下さい
あなた

はい、

ギュ
先生
異常なさそうですね
.











先生
お兄さん、ちょっといいですか?
崇裕
はい、
先生
あなたさんなんですが、
記憶喪失になっているかもしれません
崇裕
え?
先生
もしその時はゆっくり
思い出せるように
アルバムなどの準備、
よろしくお願いします
ササッ
崇裕
えっ...














.
ガラガラ
崇裕
あなた、望くんにも
連絡したからな
あなた

...お兄ちゃん
「望」って誰?

崇裕
ほんまに覚え取らんの?
あなた

うん...
せやけど、なんか大切な人
やったみたいやね
スマホにめっちゃ一緒の写真
あるし
連絡もめっちゃ来とる

崇裕
そっか...
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄













side望
崇裕
ってな、事があったんよ
...そっか
なぁ、濱ちゃん
崇裕
なんや?
あなたさ、俺らが努力すれば
記憶戻るかもしれへんのやろ?
崇裕
せやで...
なら、俺努力するわ
ほんで絶対、あなたがみんなと
また一緒に笑って暮らせる様にしたる
崇裕
望、ありがとな
俺も手伝うから
無茶だけはすんなや?
おん、わかっとる
こうして、俺はあなたとの思い出を、
あなたの記憶を取り戻すため
毎日病院に通うことになったんだ
まだあなたには会えてないけど
絶対、絶対、取り戻すんや