無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

ごはんと天ぷら
私は野菜でごはんは食べられない人間だ。
ごはんにはお肉が最強だと信じている。



しかし唯一、野菜でもごはんが食べられる方法がある。







それは何か。








お察しの通り、天ぷらである。





ここで天ぷらの具材にはどんなものがあるか、少し想像してほしい。








想像できただろうか。







具材には


えび
いか
さつまいも
かぼちゃ
れんこん
しいたけ
たまねぎ
ピーマン
なす
大葉
ごぼう


などがあると思う。





そう、圧倒的に「野菜」の具材が多いのである。



にも関わらず、天ぷらでごはん2杯は食べられる。


お肉信者の私からすれば、奇跡のような料理なのである。





揚げたての天ぷらを天つゆにつけ、ほかほかのごはんにワンバンさせる。
天ぷらにかぶりつき、天つゆが染み込んだごはんを口にほおばる。



これぞ幸福である。