無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ごはんとお肉
「お肉」と言っても












などいろいろある。

この中でごはんと最も合うお肉は何か。




実はどのお肉でもない。




とどのつまり、


脂たっぷりのお肉



であればどのお肉だろうがごはんに合うのである。



脂たっぷりのお肉をほかほかのごはんの上でワンバンさせて
お肉を口に運んだ後、口の中がパンパンになるまでごはんをかきこむ。


これぞ幸福である。