無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話



.





大丈夫──??


そう声を掛けてくれたのは






















テヒョンじゃなかった




















期待したんだけどな〜

















やっぱり違うよね












アナタは私を愛してないもんね──