無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

よんじゅういち



次の日学校でテヒョンにあった



でもテヒョンとは目も合わなかった

























少し悲しくなって話しかける勇気もなくなっちゃった
















やっぱりテヒョンは私のこと好きじゃなかったかな───?





















あれ、泣くつもりじゃなかったのに






























アナタを見ていると涙が出てきた