無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第36話

さんじゅうさん





次の日













目が覚めると






































テヒョンはいなくて、



























































机の上に紙が置いてあった



























































































“いままでありがとう”