無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

じゅうろく


その日は保健室にずっといた









気づくともう辺りは暗くなっていて

時計の針は下校時刻をまわっていた







▶▶ガラガラ🚪


YOU
YOU
ん?





保健室に誰かが入ってきたようだ


















テヒョン
テヒョン
あ、あなた
テヒョン
テヒョン
帰ってなくて良かった
YOU
YOU
なんで?
YOU
YOU
他のこと帰ればいいじゃん
テヒョン
テヒョン
でもお前具合悪いんだろ?
テヒョン
テヒョン
送ってくよ


なんでそうゆう時ばかり私に優しくするのかな〜!!


テヒョン
テヒョン
涙出てるよ…?
そう言ってテヒョンは私の涙を拭った








ほら、またアナタのことが好きになっていく















いざと言う時に助けに来てくれるアナタに私はずっと恋をしてしまうんだろう


_______________________
作者
作者
こんちは!
こーゆー系初めて書くのでイマイチよく分からないんですけど………
作者
作者
こうした方が面白くなる!とか、他のメンバー出して欲しいって言うのあれば言ってください!!

もしメンバー増やすなら1人だけで……お願いします