無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第88話

ななじゅうに


グクside





あなたの好きな人────





























それは僕じゃないことくらい分かってる


















でもあなたは僕のことが好きだって言ってくれた































あなたは自分の気持ちに気づいてないかもだけど












































あなたのことが好きで、いつも見てる僕には






















分かるんだ