無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

にじゅうなな
▶▶タッタッタッ






誰かがこっちに走ってくる音がする


テヒョン
テヒョン
あなたっ
YOU
YOU
あ、テヒョン
ジョングク
ジョングク
テヒョン先輩お疲れ様です
テヒョン
テヒョン
テヒョン
テヒョン
あなた、あのさカフェでお菓子出すんだったらさ








.








テヒョン
テヒョン
僕が練習手伝ってあげる
YOU
YOU
え、テヒョンも一緒に作ってくれるの??
テヒョン
テヒョン
ううんㅎㅎ
僕は味見するから☆
YOU
YOU
分かったㅎㅎ



もう最近テヒョンは私を好きなのか嫌いなのか分からない













でもテヒョンも私のことを好きだったらいいなって思うな



























テヒョンも同じ気持ちかな………?















私、アナタのことを信じてみてもいい?