無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

さんじゅうはち
テヒョンside



俺が1人で廊下を歩いていると、あなたが走ってきた

昨日のことを思い出して胸が痛くなった



YOU
YOU
テヒョン!!
テヒョン
テヒョン
YOU
YOU
ジョングク君から聞いたんだけどさ、
なんだ、あいつかよ…



YOU
YOU
テヒョンが私の靴箱の落書き消してくれたの?
テヒョン
テヒョン
あ、うん
YOU
YOU
ありがとう




そのあとしばらく沈黙が続いた











YOU
YOU
一緒に帰らない?




あなたは俺が思ってもみないことを言った









テヒョン
テヒョン
お、おう