無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第125話

きゅうじゅうなな
テヒョン
テヒョン
じゃ行こ?
YOU
YOU
うん!



2人で歩いていると、





テヒョンが手繋いできた。














テヒョンの顔は長い前髪で隠れて見えなかった



どんな顔してるのかな〜















私多分赤くなってるよな〜













そんなことを思いながら夜の遊園地を歩いき






観覧車の前まで来た