無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第130話

ひゃくいち


カトクで




YOU
YOU
《グク、いろいろありがとう》
YOU
YOU
《テヒョンに気持ち伝えたら両思いだった》
ジョングク
ジョングク
《良かったですね》
ジョングク
ジョングク
《あなた先輩とテヒョン先輩お似合いですよ》
ジョングク
ジョングク
《では、あなた先輩とはもう付き合えませんよね》
ジョングク
ジョングク
《ありがとうございました》










グクはいつの間にか私のことを “先輩” と呼ぶようになっている



最近は敬語になってた










せっかく付き合っていたのにやっぱり元彼が好きだから別れるなんて最低だよね。










































今まで一番悪いことをしてきたのは








私かもしれない。

























傷つけてしまった人の傷が無駄にはならないように









私はこれから幸せに生きて聞かなければならないのかもしれない。