無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第127話

きゅうじゅうきゅう



これからも俺の隣で笑っていてください。









俺は正直言って、好きなこの前だと不器用だから、










あなたに上手に好きって気持ち伝えられないし






毎日キスとか恥ずかしくて出来ないし







でも前からずっとあなたのことを1番に思う気持ちは変わってない、





これからもあなたのことを一番に



愛していける自信だけはある。






















こんな俺の気持ちをあなたはわかってくれる?





























不器用な恋かもしれないけど




これからも俺のそばにいてください。