第32話

第32話 狼襲来
59
2021/06/26 15:00
ふみや
…何で…?
 馬車の幌から顔を出すと狼に囲まれていた。ただ威嚇する様子はなく…
ふみや
なんでこんなとこまで?モンスター化したらどうするんだよ
こうすけ
え、あん時の?
しゅうた
良くわかるよねぇ
 幌から飛び降りて狼の一匹に駆け寄ると他の狼もふみやに寄ってくる。ふみやは狼たちを撫でながらうんうんと頷いている。
ふみや
サクヤ様が…捕獲?
こうすけ
今なんて?
ふみや
サクヤ様がニンゲンに捕らわれたって。なんか魔力の柵を作って…
かつなり
そんなん…
しゅうた
酷すぎる…何で?
ふみや
……うん…サクヤ様の力で狼たちがモンスター化しなかったのに気づいた研究者がサクヤ様の力を調べるって…ぼ、ぼくの…
かつなり
ふみや、ちゃうで。確かにギルドにこの話報告したけど、それを悪用するんはお前のせいやない。
 早口に自分を責め立てるようにしゃべるふみやの言葉をかつなりが遮る。えっ、と言う表情でふみやがかつなりを見るとかつなりは優しく微笑んで首を横にふった。
しゅうた
そうだよ、それにギルドはたぶんそんなことしない
こうすけ
で、サクヤちゃんはどこに連れてかれたの?
ふみや
待って…え、なに?…龍のエンブレム?
しゅうた
それって、伯爵家?
こうすけ
ちょうどいいな、龍のエンブレムの伯爵は王都だっただろ?
かつなり
でも、どないするん?龍のエンブレムったら俺らがすぐいける場所じゃなさそうやで
しゅうた
行けないこともないかも…
かつなり
…あ、お前んち爵位あったんやったな
しゅうた
なに言ってるの勝くんちもあるじゃん
かつなり
うちは地方やし、そんな王都の伯爵に知り合いなんかあらへんもん
こうすけ
お家事情はいいから。とりあえず王都に行くしかないだろ
ふみや
…大丈夫、僕たちが必ず連れ戻すから。教えてくれてありがとう。
 ふみやが狼たちを撫でると狼達は嬉しそうに目を細めた。狼を撫でながらふみやは決意を固めていた。
 こうしてコノハナサクヤヒメを助けるという目標も出来た4人だった。












    ※    ※    ※
しゅうた
急展開だねぇ
 ほんとにね。
ふみや
大丈夫?着地点見えてる?
見えてない(-_-;)
全く見えてない(-_-;)
こうすけ
まぁ、なんとかなるっしょ
かつなり
なんとかするしかないもんなぁ
 なんかそれっぽく伯爵とか使ってみましたが、全くわかってません。
ふみや
まだ悪代官のほうがわかりやすいよね
 そうなのそうなんだけど、悪代官ってもう時代劇でしょ。したっけさ、もうちょんまげの世界なのよ。
しゅうた
俺やだよ、ちょんまげつけるの
かつなり
そこ?いや、ここはちょんまげと魔法はおかしいって話やないの?
 いや、どこでもいいんだけどさ。
 とにかく、さくやちゃんを助けるお話になります。リアルとあまり連動させられないとは思いますがワチャワチャしながら旅する彼らをお楽しみください。
こうすけ
第2章スタートって感じで良いじゃん
かつなり
せやな、みんな楽しもうな
しゅうた
ところでー、なんか爵位持ってることになってるけど?
 わっかんないけど貴族っぽい。二人は貴族っぽいってことで良いやってことで。深くは考えず、っぽいっていうのを全面に出しながら物語を進めますよ
ふみや
僕は何っぽいんだろう?
 まあ、話が進んでのお楽しみに!←ノープラン

プリ小説オーディオドラマ