第29話

第29話 くしゃみ
85
2021/06/05 15:00
 しゅうたがなにやらかつなりに耳打ちする。
かつなり
いけるか?
しゅうた
いけるって!これができるタイミングはそれしかない
かつなり
…わかったわ。秀太を信じる。
しゅうた
まずはドラちゃんが油断するタイミングじゃないとね
かつなり
せやな、まずは正攻法で戦いつつやな
しゅうた
じゃ、行きますか
 二人は武器を構える。武器が二人の士気に呼応し黄色と紫のオーラを放つ。
しゅうた
チャンスは一回!
かつなり
絶対逃さんで
ふみや
思い付いたの?
 ふみやが攻撃をかわしながらしゅうたと背中合わせで立つ。
しゅうた
もちろん、俺を誰だと思ってんの?
ふみや
頼りにしてるよ!
こうすけ
とりあえずどうすんの?
かつなり
攻撃続けて相手の隙が出来るのを待ちましょう。その後は俺と秀太に任せてください
ふみや
じゃ、いつも通りやっていきますか
こうすけ
オッケー、楽しんでいこうな
 4人は同時に駆け出しドラゴンに向かう。死神と戦った時より4人の連携が繋がり自分達でも手応えを感じていた。戦いながら互いにアイコンタクトをとり笑顔になる事もあった。

 楽しい


 とにかく楽しい


 この場で戦えることが嬉しい


 4人は疲れもあったが楽しさで攻撃を止めることはなかった。
 そうしているうちにドラゴンの動きが鈍くなってくる。
かつなり
秀太、いけそう?
しゅうた
だね、やってみるか
 秀太が魔法を詠唱し風の力をまとめた1メートルほどの光球を生み出す。風の力が強いようであまり安定しないが力を込めるだけ込める。
しゅうた
いくよ、勝くん!
かつなり
行くで!
 かつなりが秀太の背中を押さえ秀太は力一杯風の光球をドラゴンに向かってけりだした。直ぐに秀太と勝就は立ち位置を交換する。
しゅうた
行け、勝くん
かつなり
任してや!
 勝就は光球を追って走りだしドラゴンの前に来たところであの小瓶を取り出し投げつける。



 風の力に乗ったコショウがドラゴンに直撃する





グォォォォォォォオオオオォォオォォォォ



 ドラゴンの低い咆哮が辺りに響く。
しゅうた
え、ダメだったかな?
かつなり
わからん、でも…
ふみや
いや、もしかしたらもしかする
 ドラゴンが天をあおぎながら、大きく呼吸をしている。そして、4人の方を睨み付けると…




!!!ハーックション!!!



 ドラゴンが大きなくしゃみをした。その勢いで4人に泡のようなものが飛んできて4人とも泡だらけになる。
こうすけ
え、やったのか?
かつなり
くしゃみやったよな?
しゅうた
本当にくしゃみでクリアなの?
ふみや
でも、ドラゴンから士気は消えた気がする



ーありがとうー
こうすけ
えっ?
ー長いこと鼻炎に悩まされていたが、やっとくしゃみさせてくれる者達と出会えたー
しゅうた
まって、鼻炎だったの?
ーお陰でスッキリしたわいー
ふみや
いやいやいやいや、ちょっと待って
ーそなた達を認めようー
かつなり
認められたみたいやで

パチパチパチパチパチパチパチ


 拍手をする音に振り替えるとヤシキさんとシマサさんが拍手している。
ヤシキ
いやー凄かったわ、ほんまにくしゃみさせれたな
シマサ
ただ顔から何から泡だらけだけどな
ヤシキ
顔見えなくなってるもんな
シマサ
なに、どうした?
こうすけ
僕たちクリアしたって事ですか?
ヤシキ
そうやろ
ふみや
ククク、やったじゃん
かつなり
ほんまや、やったな
しゅうた
全然実感ないけど…
かつなり
お前の夢叶ってんで
しゅうた
そう、なるよね!
こうすけ
まだはじめの一歩だけどな
ふみや
それでも、でかい1歩ですよ
ーなぜ、くしゃみを…?ー
 ドラゴンがゆっくりと首をかしげていた。
こうすけ
誰も成し遂げてないことをやってみたかったんですよ
ふみや
それに、倒されるだけって嫌じゃないですか?
しゅうた
それに、くしゃみさせるなんてワクワクしたしね
かつなり
泡だらけになってんけどな
 4人お互いの顔を見合って笑い出す。泡まみれの顔は一見誰が誰だか分からなかった。それでも、それが自分達らしくて良いと思った瞬間だった。
ーありがとうー
 ドラゴンに向けて4人はにっこり笑った。



 そうして、4人のドラゴン討伐は終わった。誰も成し遂げないくしゃみをさせるミッションだったがそれで世間を騒がせることはなかった。
しゅうた
そういうとこが俺たちらしいよね
 そんな風に言って、4人で笑っていた。

プリ小説オーディオドラマ