第34話

💌
720
2023/01/29 12:07


ユンギ先生
ユンギ先生
うちのクラス揃いました


8時 三年生全員が集合し
担任がバスに乗り込む

窓側に座り、ユンギ先生が名簿を見ながら
私の隣通路側に座った


あなた
あなた
////
あなた
あなた
(いい匂い‥////)


その後ろの席に
テヒョンとジミン 右側にモモが座っている




テヒョン
テヒョン
なんかあなた今日めちゃくちゃいい匂い
ジミン
ジミン
俺も思った
モモ
モモ
それ、ユンギ先生じゃないの?
テヒョン
テヒョン
‥
ジミン
ジミン
‥


隣に座っても緊張して話すことがでぎず‥

1時間も揺られてりゃ‥あなたちゃん‥
あなた
あなた
Zzzzzzzz.....


カクッ‥カクッ 


ユンギ先生
ユンギ先生
‥///////.‥んん‥‥///

ユンギ先生の肩に頭つけちゃったあなたちゃん
ジミン
ジミン
‥寝てる?
テヒョン
テヒョン
うんㅎㅎ
ジミン
ジミン
ㅎㅎㅎㅎ
ジミン
ジミン
さすがだね、ㅎㅎ




..
あなた
あなた
せんせ‥っん‥(ムニャムニャ
ユンギ先生
ユンギ先生
…ふぅ…////////はー…////


運転手「まもなく到着します」




ユンギ先生
ユンギ先生
‥っ/、わかりました
ユンギ先生
ユンギ先生
みんなーもう着くぞ〜‥起きろ


駐車場に入ると

あなたちゃんの肩に手を回し痛くないように優しく 席に戻す




ユンギ先生
ユンギ先生
おい、ジミン
ジミン
ジミン
?はい
ユンギ先生
ユンギ先生
チョンあなたを起こしてくれ、。
ジミン
ジミン
先生が起こせばいいのに‥←
ユンギ先生
ユンギ先生
先に降りるからな。頼む



Next

プリ小説オーディオドラマ