無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

とある1日
ジュン
ジュン
いや、僕なんも知らない
ジュン
ジュン
…あ、妖精さんがよんでる
ドギョム
ドギョム
ヒョン、そんなものはいませんよ?
ジュン
ジュン
(  ・᷄-・᷅ )
ホシ
ホシ
ジュンよもう降参しろ‪w
ジュン
ジュン
あーもっわかったー(僕絞め殺される)






逃れれなかったジュンピ
かるーいノリで『あそこは兄妹だよ〜』って
教えてしまった







教えたら教えたで



まぁこうなりますよね

























スンチョル
スンチョル
うわ、まじで初耳だわ
ジョンハン
ジョンハン
へー着いてくしかじゃない
ドギョム
ドギョム
捜査終了、これから尾行に移りますっ






近くを通ったウォヌも




ウォヌ
ウォヌ
それマジなのジュン、着いてくしかでしょ
ホシ
ホシ
お、仲間増えた
ウジ
ウジ
何なに




ウォヌの後ろにいたウジ、ひょっこり
ジュン
ジュン
あ、ウジ、みんないじめる
ウジ
ウジ
ん?
ジュン
ジュン
バレた
ウジ
ウジ
おー、まじか、そらはもう仕方ない
ホシ
ホシ
よしいっぱい仲間増えた
ホシ
ホシ
じゃあ二手に別れて尾行だあああ
ーハオ尾行側ー










チーム、ジュン ウジ ドギョム スンチョル
ディノ バーノン←また増えた




















ハオ
ハオ
さて、急がなきゃ



レ(°∀° )へ≡З≡З











🐴『わぁお、いつもの服装が違う』

💎『ドレドレ…ほんとだ』


🐱『さ、行くよあの子何気速いから歩くの』