無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

우유🥛









オッパの罰ゲーム姿を撮った後












ホシ
ホシ
おまたせぇー
ジョンハン
ジョンハン
おっやっと来たー
ソヨン
ソヨン
ちゃーんとこの携帯に写しましたからね罰ゲーム姿
ミンハオ
ミンハオ
え!?恥ずかしいじゃん消してよー
ジョシュア
ジョシュア
え、両方?
ソヨン
ソヨン
はいもちろん










ジョシュアもしっかり収めてました←















ソヨン
ソヨン
それじゃあ乳絞りをするので教わってくださいねぇー







7人『ねー』



















『え、こう?』






『ヒョン一気にじゃなくて上から順に‪w』








『うわぁすごいね‪w』








『この牛乳はすぐ飲める?』









ソヨン
ソヨン
飲めるんで早くジョンハンさんもやってください?‪w
ジョンハン
ジョンハン
んふふ、はーい







乳絞りをして皆で飲むことに






ミンハオ
ミンハオ
ん〜甘いねぇ
ジョンハン
ジョンハン
おぉ、温いねぇ
バーノン
バーノン
すごいクリーミー
ドギョム
ドギョム
うわぁぁぁ✨
ソヨン
ソヨン
美味しかったですか?‪w
スングァン
スングァン
美味しかったぁああ
 








その後、チーズ、アイスを作って
体験を終えた













『アイスフレーバー何にしますか?』







『僕達は牛乳のみでつくってみます』





『ヒョン、高校時代先生の言う事聞かなかったやつだよね‪w』






『んふふふふ‪w‪w‪w』