無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

生活①





どうしよう…


















今、人生最大のピンチを迎えているかもしれない…
















希(壱馬)
トイレ、行きたい…






なんかすごく悪いことをしている気分…






希(壱馬)
とりあえず行くしかないんだけどー…













すごく勇気がいる











そんなとき、連絡が来た








壱馬(自分)
壱馬くん、トイレに行きたいです
希(壱馬)
こっちもです
壱馬(自分)
どうしましょう
希(壱馬)
わかりません
壱馬(自分)
結構限界です
希(壱馬)
もう、お互い行きましょう
壱馬(自分)
嫌だけど、仕方がない
希(壱馬)
ごめん、こっちも限界
壱馬(自分)
…行ってくる












連絡は途絶えた…





















壱馬(自分)
トイレ行ってきました。なんかごめんなさい
希(壱馬)
いや、こっちの方が罪が大きい気がするよ
壱馬(自分)
…めっちゃ恥ずかしい
希(壱馬)
うん
壱馬(自分)
今まで生きてきた中で一番恥ずかしい
希(壱馬)
同感















いつまでこんな生活が続くんだろう…!


























壱馬(自分)
シャワー浴びてもいいですか?
希(壱馬)
…それ、まじで言ってる?
壱馬(自分)
無理ならいいけど、そろそろ家出ようかと思って
希(壱馬)
んー、まぁ、仕方ないよね
壱馬(自分)
ごめんなさい!行ってきます!











ほんとに何なんだろうこれ…





















壱馬(自分)
シャワー浴びました。今から登坂広臣に会ってきます
希(壱馬)
ほんとに、変な感じだね
壱馬(自分)
ですね。行ってきます
希(壱馬)
行ってらっしゃーい