無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

告白①
好きだ











好きだ
















振られるかもしれない、なんて心配はしてなかった。





とにかく伝えたい…




















はぁっ、はぁっ、か、壱馬!
壱馬
っえ?希?
あの…、言いたいことが、あって
壱馬
うん、落ち着いてからでいいよ?
ごめん、走ってきたから…
壱馬
俺も、言いたいことあるんだ…
なに?
壱馬
…好き
え?
壱馬
好きだ。
私も、好きだよ
壱馬
…気づいたんだ…他の人といると、嫌な気持ちになって、これが恋かって
わたしも知らない壱馬をみて、辛くなった。それで、好きだなって思ったよ
壱馬
よかったぁっ
壱馬、大好き
壱馬
俺も











初めて、キスをした。



















そして、大事なことを思い出した














壱馬
…あのこと、どうするの?