無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

お泊まり②
壱馬の家についた。





道は夢で見た通りだったから迷わずに行くことができた














…大丈夫、大丈夫


緊張で落ち着かなかった。







だって、ほんとに何もかもが初めてだから…



















壱馬
もうちょっとで家つくよ〜



しばらく待っていたら、壱馬から連絡が来た









了解!何か準備しておくものある?
壱馬
大丈夫!できたら一緒にご飯作ろう
うん!楽しみ







一緒にご飯作るんだ!

楽しみでドキドキしてきた…
























壱馬
ただいまー





壱馬が、帰ってきた