無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

遭遇②
いや〜、でも、ほんとびっくりした…
壱馬
臣さんのこと?
うん
壱馬
…ほんとかっこいいよね
うん!すごいかっこいい!
壱馬
…だよねー
壱馬、どうしたの…?
壱馬
いや、何も。
臣さんて、服もかっこいいし、優しいし、
壱馬
それ以上は言うな



壱馬に手で口を塞がれた。


そして…










壱馬
…嫉妬した。
ご、ごめん…



軽いキスをされた











嫉妬してくれたことも、ちょっとだけ嬉しかった
























壱馬
…じゃ、行ってくるね
うん。いってらっしゃい…






楽しい時間はあっという間で、気が付けば壱馬が仕事に行く時間になっていた



また、会いたい
壱馬
うん。連絡する。…最後に


壱馬はハグをしてきた









壱馬
これで頑張れる!ありがと!じゃあね
じゃあね!








私も家に帰った。


























その後も壱馬とは連絡を取り合って会ったりして、

楽しく過ごした。