無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

現実②
壱馬、だ…
壱馬
希!
えっと…なにから言ったらいいのか
晴美
わたし、先に帰ってるね
う、うん
壱馬
おぼえて、ない?
覚えてるに決まってるよ!あんなことあったんだから
壱馬
…よかった
変な感じだね
壱馬
うん…
亜嵐
あ、壱馬じゃん、その子だれ?
…っえ、見たことある人
亜嵐
俺のことわかる?
はい!
壱馬
この子は、えっとー
なんて言ったらいいかわかんないね
壱馬
…ま、知り合いって所ですかね
亜嵐
へぇー
壱馬
希、連絡先交換しない?
うん!
壱馬
じゃ、またね








またね











そう言われた