無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

報告①
晴美!おはよ!
晴美
おはよ〜、なんか元気だね?
うんっ、あのね、わたし
晴美
うん
壱馬に、告白されたんだ
晴美
…えっ?!そうなの?で、返事は?
私も、好きって言ったよ
晴美
ちがくて、付き合うことになったの?
…付き合う…?
晴美
それ結構やばいよ…ちゃんと、付き合ってくださいって言わなきゃ
そっか












恋愛経験がない私にはわからなかった







でも、このままじゃ嫌だ













学校が終わったらすぐに壱馬に連絡をした





今から、会える?
壱馬
今日仕事長いから、遅い時間かも
そっかぁ
壱馬
親に、今日友達の家に泊まってくるって言っといて
え、それって…
壱馬
いまちょっと暇だから、鍵渡すよ
わかった!








壱馬の家に、お泊り…?!