無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

秘密②
玲於
これ、秘密ね
壱馬(自分)
はい。
















この話をしてしまったことも、自分には秘密にしよう…



















玲於
また今度、話そっか
壱馬(自分)
ですね。そうしましょう















そう言って、ふたりは分かれた




















希(壱馬)
玲於さんと、どうだった?
壱馬(自分)
うん、楽しかったよ!
希(壱馬)
そっか
壱馬(自分)
…うん
希(壱馬)
どうかした?
壱馬(自分)
いや、なんでもないよ!てかそっちはどう?
希(壱馬)
んーとね、普通
壱馬(自分)
なにそれー、てか、誰かから連絡来たりしてない?
希(壱馬)
たまーに友達から
壱馬(自分)
えっ、返事してる?
希(壱馬)
…してないよ!
壱馬(自分)
したでしょ
希(壱馬)
…えっと
壱馬(自分)
はぁ、まぁいいけど…なんかあったら言ってね












この言葉は、本当の自分に言い聞かせるべきだった。