無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

臣さん②
もと来た道を引き返し、家に帰った








まず自分に連絡しよう…













壱馬(自分)
いま帰宅しました
希(壱馬)
おぉーどうだった?
壱馬(自分)
…楽しかったけど、大変なときもあった
希(壱馬)
あはは、だよねー、噂通りだったでしょ?
壱馬(自分)
まぁ、はい。…あ、また会う約束しちゃった
希(壱馬)
…羨ましい
壱馬(自分)
服かいにいくんだ〜
希(壱馬)
いいなー
壱馬(自分)
でしょ!
希(壱馬)
…あのさ、1個質問
壱馬(自分)
なに?
希(壱馬)
心は女なら、恋することもあるってこと?
壱馬(自分)
…えっ
希(壱馬)
つまり、臣さんのこと、好きになるかもって…
壱馬(自分)
…た、たぶん、そういうのはない、んじゃないかな?
希(壱馬)
まぁ、いいけどさ
壱馬(自分)
…うん、もー、変なこと聞かないでよっ
希(壱馬)
ごめんね?あ、でさー




このあとしばらく話したけど、

さっきの話が頭から離れない…














そんなことって、ほんとにあるのかな…