無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

すれ違い①





希に会いたくて、事務所を出た















しばらくウロウロしてたけど、





まぁ、いるわけないか…























壱馬
あれ…玲於さんだ


隣には…





壱馬
玲於さんと、希…?






なんか、楽しそうに話してる…










壱馬
俺なんか、なんとも思われてないんだ…







あのふたり、付き合ってるのかな…








そんなことまで考えた。


















壱馬
…帰ろ







ともきた道を、引き返した