無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

マネージャー
草野  百羽
草野 百羽
今日から野球部マネージャーとなりました!百羽です!よろしく〜
次の日の放課後。野球部グラウンドに体操服を来た百羽が来た。
何でもマネージャーになるんだと。
佐上 茉子
よろしく〜
真宮    侑
真宮 侑
よろしくな!百羽ちゃん!
草野  百羽
草野 百羽
よろしく〜
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
草野  百羽
草野 百羽
あ、侑君のお兄さんですよね?よろしくお願いします
百羽が晃太朗の前に行き軽くお辞儀をする。だが晃太朗は完全無視で茉子に声をかけた。
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
茉子摂ってやるから投げろ
佐上 茉子
えっうっうん!
晃太朗はそういうと百羽の事はやはり完全無視でキャチャー道具をつけに行った。
草野  百羽
草野 百羽
あっあの〜もし良かったらつけるの手伝いましょうか?
百羽が晃太朗に声をかける。すると晃太朗は百羽のことを睨んだ。
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
俺が毎日つけてるこの防具をつけるのに手こずるとでも言いたいのか?
草野  百羽
草野 百羽
いっいえ!そんなつもりは…
百羽はビクッとなりながら一歩身を引いた。
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
…お前を採用した先生が一体どういう考えなのかァ知らねぇがここはガチで野球やるやつの集まりだ。
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
か弱いお嬢さんが来るとこじゃねぇんだよ
俺はお前を認めねぇ
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
それに…
晃太朗は言おうとした言葉を止めた。そして百羽の目をじっと見て言った。
真宮   晃太郎
真宮 晃太郎
お前…侑が目当てだろ?
晃太朗はそれだけ言うとグローブを持ち茉子の待つブルペン(ピッチャーが投げる練習をするところ)に向かった。
草野  百羽
草野 百羽
…何よあいつ
ほんとに侑君のお兄さんなわけ?
草野  百羽
草野 百羽
ムカつく…