無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

410
2021/03/14

第3話

岡﨑彪太郎
岡﨑彪太郎side




風雅の異変に気づいたのは




俺が補習から帰る時

体育館から変な音が聞こえるからいったら、



そこには、風雅と



学校の人気者、いわゆる一軍がいた



何してるのかと思ったらいじめで



ボールを風雅に投げつけていた



風雅が最近、手を抑えてると思ったら



痛みがあったから抑えてたのかと呑気に納得してたら



風雅と一軍に見つかった



でもその一軍は平気で嘘ついて



倒れてたから心配でとか言ってた




芝居下手すぎやろ




と心の中で思ってて



声に出した最初の言葉は



『大事な家族に、何してるん?』やった



大事な人を傷つけた人を許したくない




だから、風雅を守るって決めた




頼りないことくらいわかってる




それでも、俺なりに風雅を守るって決めたから



いじめなんて嫌いだ




その人の人生を狂わせる





早く、いじめなんて終わればいいのに




今いる人間達がいじめを辞めない限り



いじめは終わらない



無限ループだ




次産まれてくる子達も



きっと『いじめ』を覚えるんやろうな〜



岡﨑彪太郎
いじめなんてダサいだけやのに……
大西風雅
……
岡﨑彪太郎
……あ!
大西風雅
どうしたん?
岡﨑彪太郎
んーん!なんでもないで!
大西風雅
っ……そっか
岡﨑彪太郎
いじめっ子たちとどこで約束したん?
大西風雅
体育館裏
岡﨑彪太郎
いじめっ子たちって体育館裏好きやなー
岡﨑彪太郎
これからどないするん?
大西風雅
え?
岡﨑彪太郎
また、いじめられに行くん?
大西風雅
そうしないと……こた達が……
岡﨑彪太郎
だからって、1人でまた抱え込むん?
岡﨑彪太郎
なんのためのリーダやの?俺は
岡﨑彪太郎
たまにはリーダーに頼りなよ!
岡﨑彪太郎
こーゆう時にしか俺は何か出来ることは無いんだから!
岡﨑彪太郎
俺たちのためだからって、風雅だけが苦しむことは無い
岡﨑彪太郎
いじめは立派な犯罪やで
岡﨑彪太郎
いじめを楽しんでるやつなんかの思い通りにさせるわけないやん?
大西風雅
……ごめん……
岡﨑彪太郎
謝んなくてええんやで?
大西風雅
……
岡﨑彪太郎
風雅……したばっか向いてないで前向きや?
岡﨑彪太郎
アイドルはファンの顔を見るのが当たり前やろ?
大西風雅
……こたに言われたくない……
岡﨑彪太郎
ちょ!ちゃんと見てるもん!笑
大西風雅
……笑
くどう
おーい
なんやねん



こんないい時に来る空気読まんやつは!
大西風雅
……ビクッ
岡﨑彪太郎
……あ、この前の
そーいやこんな顔してた……
りょうた
……お前、まさかチクった?
大西風雅
違……
岡﨑彪太郎
……
くどう
てかお前誰?
……知らんの!?



この前あったやん……




……そっか俺印象薄いんだ……←ネガティブモード
岡﨑彪太郎
えっと……風雅の弟
くどう
おとうとぉ?てことはアイドルか笑
岡﨑彪太郎
……
なんやねん……こいつ!!









ムカつくやつやな……





岡﨑彪太郎
……なぁ、なんで風雅のこといじめるん?
りょうた
……うざいからだけど?
岡﨑彪太郎
うざいからっていじめていいとでもおもってるん?
くどう
あー思ってるけど?
岡﨑彪太郎
……だっさ
りょうた
は?今なんっつた?
岡﨑彪太郎
だから、だっさい
くどう
んだと!!アイドルだからって調子乗んな!
岡﨑彪太郎
………風雅いこ
大西風雅
……え
りょうた
待てよ
岡﨑彪太郎
なに?
くどう
調子乗ってるって言われてんのに何も言わないってことは認めてんの?笑
岡﨑彪太郎
だったら何?今すぐ教室に行きたいんやけど。じゃま
りょうた
……おい、風雅
大西風雅
ビクッ
りょうた
お前後で覚えとけよ?
岡﨑彪太郎
脅しは犯罪やで?
りょうた
……だから?こんなことしてる奴いっぱいいんだろ
岡﨑彪太郎
だね、クズが俺の目の前にもこの世界にもいっぱいおるよな
くどう
(・д・)チッ……行こうぜこいつめんどくさい