無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
132
2021/10/15

第7話

嶋崎斗亜side
嶋崎とあside




 、、、ほんまに正夢やった、、、





とあたちはすぐにこたちゃん達やないって




分かったけど、、、
ファンの人達は信じてくれない人も中にはいた
大西風雅
、、、、ごめん
岡﨑彪太郎
風雅は悪くない
島崎斗亜
こたちゃん?
岡﨑彪太郎
、、、、
こんなこたちゃん見たことない、



すごい怒ってる
大西風雅
、、
岡﨑彪太郎
、、、、、ちょっと出てくんね
西村拓哉
どこ行くん?
岡﨑彪太郎
どこでもええやろ?
西村拓哉
っ、、、、
すごい顔して出てったであの人



怖いなぁ



でも、こたちゃんはそのくらい、



ふうさんのことが好きなんよな



斗亜達だって負けないくらいふうさんのことが好き



だから、これ以上ふうさんのことは傷つけない
島崎斗亜
、、、ふうさんとりあえず少し寝てきたら?
大西風雅
、、、こんな時に寝てられへん
島崎斗亜
でも、最近寝てないんやろ?
これも夢で見た


次の日、絶対ふうさんはフラフラの状態で学校に行く


したら、このデマ仕掛けたヤツらに襲われる



それを防ぐためには何としても寝かせなあかん




ちなみにこたちゃんは多分やけど


デマ流した人んとこに行ってるんやないかな



夢で見ただけだけど当たってる気するわ
大西風雅
なんで、それ知ってんねん
島崎斗亜
、、、なんでもいいやろ、良いから、はよねとき
島崎斗亜
何かあれば起こすから
西村拓哉
不安なら一緒に寝るで?
とうまるうく
寝たいだけやろ
西村拓哉
(ノ≧ڡ≦)☆
とうまるうく
かわいないからやめときや
島崎斗亜
も〜にしたくも一緒でいいからはよ行く!
大西風雅
、、、ごめん、ありがとう
島崎斗亜
もう、謝らんでいいで
島崎斗亜
充分伝わったとるから