プリ小説

第14話

気づいた



ピッ...!!






ホイッスルの音が体育館に響き渡ると同時に





コート内に散らばる選手達。




その中に有岡先輩と山田先輩もいる。







あとから知ったことだけど

今回の試合相手は結構な強豪校らしい...









「頑張れ...」

小さく呟いた。







バスケはあんまり詳しくないけど


今、私が二人のためにできることは


精一杯応援することだ。






その時





相手チームの応援者の歓声が大きくなった






△△「あー、先に点取られちゃったね...」



『だ、大丈夫だよ!まだ時間はたくさんあるし。』



私が励ますために△△にかけた言葉は嘘ではなかった






どうしてかというと

その数秒後に山田先輩がシュートを決めたからだ。





△△「山田先輩ナイスシュート!!」



《キャー♡涼介くんかっこいいっ!!》



やっぱり山田先輩って...すごい。






「さすが、エースだね!」




△△「うん。次は有岡先輩の番だよ!」











それからは、相手チームはどんどん点数をとって





残り1分の頃には私たちのチームを1点上回っていた。






△△「やっぱり強豪校は強いね」


『うん...』









心の中で諦めかけようとしたそのとき









山「大貴っ!!」










山田先輩の投げたボールが








有岡先輩に渡った











その瞬間、素早いドリブルで相手チームを交わしていく有岡先輩












△△「すごい...」



そして



キュッとシューズと床が擦れる音と同時に





ボールが高く舞った



体育館がしんと静まりかえる







お願いっ...




ぎゅっと手を握って祈った











ガコンッ






は...





『入っ...た...』








どっと湧き上がる声援






嘘...みたい...





△△「あなたっ!すごいよ!有岡先輩!!」





驚きと、何かで胸がいっぱいになって


コクコクと頷くことしかできなかった






ピーッ!!




試合終了のホイッスルとともに有岡先輩に飛びつく選手達。



真ん中には嬉しそうな有岡先輩。




勝てたんだ...




「皆すっごくキラキラしてる...」







かっこ良すぎるよ...








「有岡先輩っ!!」



騒がしい声援のなか声の限り叫んだ



すると、こっちに気づいたみたいで








先輩は腕を高く上げてガッツポーズをした




流れる汗さえも貴方をかっこよく引き立てるわけで






私はそれに笑顔で応えた。






有岡先輩____






私気づいたみたいです_____














シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あずき
あずき
気分屋なんです。