無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
あなたside
壱馬
壱馬
ただいまー!
〇〇
〇〇
おかえり
〇〇
〇〇
結構買ってきたんだね。
壱馬
壱馬
まあな。今日夜タコパーになったから
〇〇
〇〇
了解。買ってきてくれたから、準備するね。お兄ちゃん達リビングで待ってて
壱馬
壱馬
おう。分かった。
お兄ちゃんに、相談してみよ。

なんか、不安ってゆうか、北ちゃんがおかしくなっちゃった。
〇〇
〇〇
〜🎶
北人
北人
誰か歌ってる?
壱馬
壱馬
多分、妹だよ。
樹
こんなに上手いの?
壱馬
壱馬
おう。何度も、オーディション受けてるけどな。でも、俺がRAMPAGEにいるから、それで、心配だから俺に着いてきてくれたんだよな。だから、オーディションは諦めたんだよ
慎
そうなんですね。
壱馬
壱馬
おう。妹は今が幸せみたいって母さんが言ってた。
北人
北人
なら良かったんじゃあない?心配させることなく、お利口さんだったさ。心配しなくてもいいじゃあない?
壱馬
壱馬
だな
〇〇
〇〇
お兄ちゃん、準備出来たよ。
運んで!
壱馬
壱馬
分かった。
〇〇
〇〇
ありがとう
慎
壱馬さん、羨ましいな。あんな可愛い子が妹さんは。
壱馬
壱馬
いいだろ。
ここまで